コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『メンヘラエンジェルス登場。春の祭典2016』

a0266240_221022.jpg

春は糞忙しい。
口をアングリーナと開けとる間に『祝・春一番2106」も終了。
伴う同時進行の新曲やらソロライブやら、
お仕事満載の春に今年は引っ越し騒動。
頭の角度を変える為に軽く考えてた引っ越しだが、
今恐ろしい程の荷物に魘されている。
よくよく考えれば家出したのが17歳。実家より永く住み込んだ部屋は、
んまあ良くも悪くも想い出盛り沢山のブツがある。
いちいち取って置けるスペースが曲者であり、
日々の忙しさに、何でもぶち込む癖が悪い。
そのツケを払いまくっておる4ヶ月。
引っ越しを思い立ってから軽トラ二台分のゴミは出た。
所詮ゴミ。
覚えとるもんは覚えとるから、もう要らんのん、と気付くまでの4ヶ月。
あと一週間に迫る引っ越しに、引っ越し日前日のソロライブ。馬鹿太郎。
物事をフィーリングで考えて辻褄を合わす人生。
結果何とかする為に、どこかで奮闘せねばならん。
今は糞地獄の真っ最中であるからして。一瞬逃避。

私の逃避は文字にある。
「詩」を書くのが困難と云い腐りて、戯言を書くのは精神解放。
只の散文書きなのであろう。そういえば子供の頃も煮詰まったら新聞や、
広辞苑を端から端まで読み倒す、という『活字中毒者』であった。

後は煙草に呑み食いに。今は独りギターを持ちて唄うという技も取り入れ、
至って平和主義であり、夕凪には生産的な解消法である。

さて世の中では、そんな解消では自分を活かしきれん輩が居るという。
それが『メンヘラ』『ヤンデレ』というお嬢さん方である。
これは御近所の巨乳BARのお嬢さんから教えて戴いた。
付合う年齢層であろう。彼女は新しい言葉に敏感であり、
おばはんは色んな言葉を教えて貰う。

只おばはんも一応若手さんには付合うており、
誰でも知ってますうーん、と
云う言葉には解らなくてもついて行く、と云う、
豪快な知ったかぶり愛想を発揮し、実は理解する迄時間がかかる。
正しい日本語ではない造語は調べん。
必ず野暮な正直者が『それってどういう意味ですか〜』と
彼女に問うからだ。おばはんは逃さず意味を理解する。

ここからは引用..................................................................................................
メンヘラーとはメンタルヘルスを略したメンヘルに、
英語で「~する人」といった意味にする接尾辞“-er”をつけたものである。
ただし、この語句に関しては、
メンヘラと語尾を延ばさずに用いるのが一般的となっている。
ちなみにメンタルヘルスとは「心の健康」という意味
(心の健康管理ならメンタルヘルス・マネジメント)だが、
メンヘルと略した場合、主にうつ病や精神病、
神経症、心身症といった心の病をさす。
つまり、メンヘラとはそういった心の病を患っている人を意味する。

1、過去のトラウマを話したがる
2、いつも何かに悩んでいる
3、「今吐いちゃったという」(不健康自慢)
4、自慢話が多い
5、自分の意見を言わない
6、不平、不満をぶつけるだけ
7、気持ちの浮き沈みが激しい etc................................................................................

思春期には有りがちではないか、と思う項目ではあるが、
とかく音楽や芸術関係には多いのかもしれん。
おばはんは彼女達を沢山知っている。

面倒臭い彼女達は、何が欲しいのか、人様と違う特別感を求める。
それが残念ながら「メンヘラ」症状なのである。
欲しがるわ、虚言証だわ、すぐ死にたい云うわで。
えらい目ぇに遭うてしもた。

残念ながら見目形が優れているお嬢さん方が多く、
何故に勿体ない、と、おばはんは思うのであった。

タチの悪いのは所謂リストカッターなお方。

あああ何もせんのに何かのせいにしくさりやがってな。
寝る間を惜しみ、よう頭使うて、よう働き、
よう呑んどる小市民を何故羨ましがるのか。

さて何故にそないな話になったかと云うと。
最近皆さんが気付いて、敢えて云わなかったらしい事柄があるらしい。

私の左手首には無数の切り傷。
段違いに、真横に伸びる生々しい線はまさにリストカッター
『へえこさん、気丈にしてはんのに、ああああ....』
なんつて思うてた方がいらっしゃるそうな。

ちゃうねん。厨房あるあるですねん。
犯人は中華鍋。
左手で鍋を振り、右手で塩やかんやを掴み、
おっと滑るん。
じゅっ、と軽く音がする。瞬時の火傷である。
厨房人間、火傷をしても鍋は降り続ける習性にて、
一瞬の痛みは軽く忘れる。
気が付けば手首に立派な線がつく。

そんな傷が消えた頃、また新たに火傷。
これは仕方ない厨房人間の定であるからして。

だから、ちゃうねん。
訂正しようと大幅に話逸れてみた。

春。逃避癖。

************************************************************************

メンヘラ、ヘルス、ヘルスエンジェルス......
あああああああああ。
平和。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seponyuunagi

Author:seponyuunagi
夕凪というバンドにて
曲を作ったり唄をうたったり、
踊ったり叩いたり、
ぶーたれたり
きゃっきゃ担当の御年頃。
御機嫌さんは
旨い御飯と酒がある処。
夕凪web>>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。