コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『女の可愛さを讃えよ。2016の巻き』

DSC_0312.jpg

子供の頃から愛想のある子供であった。
三つ年上の姉が失態を繰り返し親に折檻を受けるのを
要領よく覚えて『これをやれば叱られる』ことを覚える。
と云えど時は昭和。
人様が干す梅干しを盗んでは近所のおばはんに殴られる。
陽気な幼児虐待が並びの家で容赦なく行われていた時代。

96歳の大往生で去った婆さんは現実的な人で『あんたは可愛いないけど、
愛想と要領だけは良いから、それで一生やれる筈』とよう云うたものだった。

自分が一般的に『可愛い』ではない事に気付いたのは幼稚園の頃である。
「白雪姫」を園児達でやる事になったのだが、皆が白雪姫をやりたがるので、
先生が独断で決めたのである。今なら問題になりかねん。
配役は子沢山の時期であり、ふたりずつであったが、
極端に可愛い顔立ちのふたりが選ばれた。
自分は14人の小人の役柄であった。
『美』というものが生まれ兼ね備えられた役得である事に気付いた一件である。
後に白雪姫たちは可愛さ故に自動的超ヤンキーに成長するのだが。
80年代の悲哀である。

要領と個性さえあれば乗り切れる。婆さんの言いつけ通り、
面白い事に飛びつきて個性を伸ばせる場所に行き着きた。
多々デカくても、目鼻がバランス以下で小さくとも、
個性で乗り切って来た人生。
雰囲気作りは何より大切。
人よりちょいと唄が唄えるのも役得であった。

そんな私を『可愛い』と逢う度に連呼してくれる男が居る。
30年を越える音楽活動、すっかりベテランの域に達した、
割礼の宍戸幸司、その人である。

宍戸幸司、といえば、かつて80年代のバンド女子を賑わせた、
楠本まきの漫画『KISSxxxx』のモデルになった程、
端正で美しい顔立ちである。別名サイケ王子。

30年経過したが相変わらずの痩せ太郎。
当然老けるもののステージ上は依然美しいままである。恐ろしい。
付合うて15年以上の月日が経つが、
何かのツボにはまったのか、『可愛い』と云い続けてくれる。
この年頃になると好意を超え、既に有難い域に達した。

人は持ち合わせないものに憧れを抱くのか。
美しく大きな目鼻立ちを生まれ持つと、
じょぼくれたパーツが珍しいのかもしれん。

そういえば昔から目鼻立ちがしっかりした人間に
好かれる事が多かったかもしれん。
人間とは、んまあ不思議なものである。

嘘でも煽てでもなんにせよ。
『可愛い』という言葉は女にとって「女でいさせる」
最大限の褒め言葉かもしれん。と最近思うのである。

たった一言で御機嫌よう働く安い生き物やないか。
騙されんわよ、という年頃は過ぎ去った。
只管有難い御年頃なのである。

殿方よ。
女性を讃えよ。


















スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seponyuunagi

Author:seponyuunagi
夕凪というバンドにて
曲を作ったり唄をうたったり、
踊ったり叩いたり、
ぶーたれたり
きゃっきゃ担当の御年頃。
御機嫌さんは
旨い御飯と酒がある処。
夕凪web>>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。