コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

『春。空のともだち』


11116536_843361775742617_34480032154708820_n.jpg

3年前の3月27日。私の大切な友達が逝ってしまった。
朝方耐えれず、梅田から十三に向かう。
たまたま夕凪のドラマー藤山が来阪中で、
勘を頼りに私がBAR雑葉に居ることを察して来てくれた。
逝ってしまった可愛い人は夕凪の録音や、
私のソロ共演に関わってくれたピアニストで素敵な唄を唄う。
ふたり抱き合って、わんわん泣いた。
その時戦慄が走る。
人間ではない雄叫びが聞こえてきたのだ。
その人は本当に、ぼおおお〜と泣いた。
我々と一緒に泣いてくれたのだ。
しかし本当に、ぼおおおお〜〜と泣いた。
リアルジャイアンを見て我々の涙も一旦するる、と治った程だ。

その人の出逢いは15年程前に遡る。
私が店長を務めていた梅田ハードレイン。
山川ノリヲことギターパンダのライブ時に現れる
ガラの悪い酒量が半端ない集団。
コールアンドレスポンスが激しいギターパンダに
嬉々として全力で応えていた。
当時のギターパンダ客は全体的にガラが悪く豪快で憎めない。
筆頭にその人、彼女が居た。
阿保みたいなパンダ手ぐるみが羨ましくて強請ってみたのが始まり。
快く手ぐるみを私にくれた。
そこからギターパンダ時には一緒に遊んで貰い.
ハードレインを辞める時は残念だと悲しんでくれた。
ノリヲさんから御夫婦でBARをしている、と言う話だけは聞いていた。
ムジカジャポニカを初めて、すぐ出演してくれたギターパンダ時に、
本当に良かった、と祝うてくれて、
それが嬉しゅうて店に行きたいと言うたに。
ハードレイン時から教えんのだ。
「流れもんで御座んす」「道端で御座んす」
一点張りにて、強行十三にて捜索。
山川ノリヲのチカラを借りてBAR雑葉を発見。
本当は、人様の店で、自分の店を宣伝したりしたくなかったのだ。
なんと粋な御夫婦だろう。
ギターパンダから知ったに、マニアックの宝庫、
フランクザッパの邦名「雑葉」
店名を聞いて当然惹かれた。
プログレやサブカルに精通した我がオアシスになり、十余年が過ぎた。
繋がる人達が増え、ムジカジャポニカ周年「海の日」は
毎年御夫婦で店を休み手伝うてくれる。
自分が企画す「服部緑地RAINBOWHILL」の内容を最初に報告し、
同じく服部緑地野外音楽堂での「春一番」も、
おにぎりを作って野次を飛ばしつ全部一緒に観てくれた。
音源の仮が出来れば聴いて貰い、
ツアーから帰れば報告がてら音源聴かせたりして。
日常が密接。

彼女は怖ぇお母ちゃんとして酔う男どもに喝を入れる日々だったが、
私をとにかく甘やかした。
元々女性を讃える人ではあったが、私は怒られたことが無い。
只管褒めて愛でる。
そして心配する。

ある時期、彼女に余計な心配と同調を与えてしまうことに気付く。
一緒に悲しんだり、どないしよもない状況に腹を立てさせてしまうのだ。
優しすぎる人だった。

いかんいかん。
お母ちゃん、へーこは大丈夫やから。

逢うたび大丈夫か、と心配す彼女に、
「大丈夫やで」と応える度に、年々大丈夫になってきた。
言霊とは不思議なもんだ。
へーこが幸せならええねん。

人様に紹介してくれる時に
「私が一番惚れてるオンナや」
その度背筋を伸ばしてきた。
ほんまに愛でて貰うた。

お互い往き来しつつ、沢山の話をした。
一緒に泣いたり、雑葉に踏み込んできた
ヤクザなママ喧嘩に参戦したこともあった。
お母ちゃんの啖呵には惚れ惚れしたものだ。


突然小さくなった、お母ちゃんには驚愕した。
苦しそうなのに度々開く眼光の鋭さは、復活を期待せずにはおれん。
しかし痛い、云うてた脚。
こんなんなってたんや。
最初に入院したのは「服部緑地RAINBOWHILL」の次の日。
珍しく冷や汗かいてた、お母ちゃん。
こんな脚で坂道ばかりの服部緑地野外音楽堂に来てくれてたんや。
去年の夏に逝ってしまった、大好きなエンディさんを思い出す。
我慢する人は嫌や。痛いって云うたらいいのに。
なんでここまで我慢すんのや。
嫌やあ。
何故かしら。お母ちゃん綺麗な人やったんやって、改めて思うた。
ほんま綺麗やな。

そんな状況でも心配すんのね。
お母ちゃん、へーこは大丈夫やから。

云うたからには、しっかりせねば。
ツアー後にて家はぐっちゃらこ。
「先ず自分の事を、ちゃあんと、せんと」
お母ちゃんの、口癖。
お掃除、お洗濯、夢の健康食。

お母ちゃんが喜ぶであろう、みうらじゅんグッズ、
相方に授かったドリームキャッチャー云々。
とにかく、お母ちゃんに似合わん病室を阿保みたいにせんと。
お母ちゃん好みの、サブカル室にしてやる。

着く寸前に逝ってもうたわ。
わざとやな。
燦然と輝く、みうらじゅん監修「ツッコミ観音」どないしたらええの。

まだ温かいお母ちゃんに縋って泣く。

とにかく明るく通夜を迎えようぜ。
お母ちゃんは気遣いのひと。
めそめそ、すんなやああ、と云う筈やねん。
そないな通達をした割に、
結局最後の最後まで居座り、
入院先に自分の音源を持ってったと聞いて唄うては泣き、
お母ちゃんの手に頭ぐりぐりして泣き晒した。

悲しんでるのは、自分だけでは無いのになあ。
お母ちゃんを悼むひとに、
お父ちゃんに申し訳なかった。

しかし、よう頭撫でて貰うたなあ。
抱きしめて貰うたなあ。

せやけんど、今回は一緒に泣いて貰えんのだ。
ぼおおおおおおお〜〜
自分がジャイアンになっても致し方無い。

しかし約束したがな。
お母ちゃん、へーこは大丈夫やから。

家に辿り着き、部屋を見渡せば、其処彼処が、
お母ちゃんから貰うたもので構成されていた。
御夫婦で何処か行く度に、
これは、へーこの好きそうな風呂敷やあ、
和柄の面白いもん、筆や、無添加調味料、
美味いパンやらを見つけては、
沢山買ってきてくれた。
内緒やで、云うてな。
ムジカジャポニカも然り。
全部が、お母ちゃん。

お母ちゃん。約束したこと、
全て遂行するよう努力します。
あんがとうあんがとうあんがとう。

何年前やろか。あれは「春一番」か。
服部緑地野外音楽堂の芝生で、
『ち○こ、ま○こ、ち○こ、ま○こ、ち○こ、ま○こ、
わはは、わはははははは〜〜』
叫びながら、芝生の坂道を豪快に転げていく、元気なお母ちゃん。
お父ちゃんは只、青空を眺めていた。

お母ちゃんは、たまあ、に糞下品。

さてと泣くだけ泣いたら雑葉に行こう。
お父ちゃんとお母ちゃんが迎えてくれるのよ。



スポンサーサイト
コンテントヘッダー

『夕凪2017年始動〜SNS再考』

16864541_1270556613023129_1429761777817914283_n.jpg

あらまあ。気が付いたら新年を迎え、
鬼も通り過ぎ、雛人形を終う季節。
すまん。日々に怠けとった。
いや書くのを怠けてただけで日々は踏ん張っておったのだ。
『服部緑地RAINBOWHILL』が終わると今年終了も同然。
その中で強制自主企画『遥か鳴る唄の祭り』が恒例化。
細かなソロを含め、最近は何処から宣伝し手をつけていいのか。
頭で順序を考えつ、解らんなりに必死のパッチである。
ソロの御陰で唄う機会が増えた。
しかし壁と共に居る訳にはいかんのだ。
決めたからには多少なりとも動員を考える年頃になる。

いや今迄全く考えなかった訳ではない。
2002年頃まで夕凪は貯めたギャラを
『夕凪学欄』という大層な新聞にし、
各月で皆さまに届けていた。
当時封書が幾らかは忘れたが相当な額になるだろう。
なんせ700部は送っていたのだから。
SNSも無い時代。
ヤクザと水商売の女が重量感のある自宅の黒電話を持つ勢いで、
電波も悪い中、大声で喋る摩訶不思議な物体、それが携帯電話であった。
一番重要なのはライブスケジュールだが、
それだけだと我々の心情が見え透いて、
いやらしいので各メンバーでコラムや四コマ漫画(山崎保:担当)を載せ、
夕凪の全アルバムデザインを手掛ける楠本氏の元へ。
そして出来上がった原稿を銭コピーする。
ミーティングと称し全員で畳んで封書に投入。最初は手書きだったが、
宛名のシールが導入された時は感激したものだ。
ちまちま貼付け、別納郵便のハンコを押し、
大阪中央郵便局に持って行く、迄、全員で頑張ったものだ。
初期の夕凪は何かにつけて体育会系であった。
全ては現在ファンダンゴのBARに君臨、
泣く子も癇癪を起こす初代ドラマー豊嶋大王の所為である。
今考えれば相当な金を紙切れに費やし、
実際動員には繋がるが700人がいっぺんにライブに足を運ぶ訳では無い。
それでも必死で頑張る夕凪一同。
ホームページやら、家にパソコンやらが無い時期に3年は続けた筈。
あああ勿体ない。
当時のお客さまは学生も多かった。
今では結婚し住所も変わり、仕事や子供やらで、
ライブに足を運ぶ日常は無くなった様子。
昔と同じくライブに行き続ける人の方が稀かもしれん。
それはムジカジャポニカの10年でも感じることである。
しかし、たまあに、そないなお客様が不意に現れることがある。
SNSやネット検索の御陰でもあるが、
長きに渡り『夕凪』という名前で活動している賜物でもある。
有難いことだ。
「昔好きじゃなかったが最近好きになった」と
余計な事まで云うてくれる人も現れる。
昔は糞のようなライブもした。
それが払拭されたライブを偶然観てくれる、と云う仕組みである。
やはり長きに続けるにあたり自動的に我がを知る、
という戒めに毎年精進した23年目結論。
変わらんでどうする。
それを知り続けることでバンド本来の意味を知る今日。

全て皆さんに観て欲しいことで発信す。
いつも時代も直接観て、感じていただきたいのは同じことなのだ。

*******************************

3月12日(日)@大阪・ムジカジャポニカ
出演:夕凪/金佑龍(キムウリョン)
18:00open 19:00start
前売¥2,500 当日¥3,000(D別)

3月13日(月)@名古屋今池・得三
出演:夕凪/金佑龍(キムウリョン)/DJ:DJサブカルエロオヤジ
18:00open 19:00start
前売¥2,800 当日¥3,300(D別)

5/17(水)@東京・下北沢440
「皐月、宴の夜会 440(four forty)15th Anniversary」
出演:夕凪/山田晃士&流浪の朝謡
18:30open 19:30start
前売/当日 ¥3000/¥3500 2order¥1200別

いつの時代やねん。1996年頃の夕凪




プロフィール

seponyuunagi

Author:seponyuunagi
夕凪というバンドにて
曲を作ったり唄をうたったり、
踊ったり叩いたり、
ぶーたれたり
きゃっきゃ担当の御年頃。
御機嫌さんは
旨い御飯と酒がある処。
夕凪web>>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。