コンテントヘッダー

『夕凪2017年始動〜SNS再考』

16864541_1270556613023129_1429761777817914283_n.jpg

あらまあ。気が付いたら新年を迎え、
鬼も通り過ぎ、雛人形を終う季節。
すまん。日々に怠けとった。
いや書くのを怠けてただけで日々は踏ん張っておったのだ。
『服部緑地RAINBOWHILL』が終わると今年終了も同然。
その中で強制自主企画『遥か鳴る唄の祭り』が恒例化。
細かなソロを含め、最近は何処から宣伝し手をつけていいのか。
頭で順序を考えつ、解らんなりに必死のパッチである。
ソロの御陰で唄う機会が増えた。
しかし壁と共に居る訳にはいかんのだ。
決めたからには多少なりとも動員を考える年頃になる。

いや今迄全く考えなかった訳ではない。
2002年頃まで夕凪は貯めたギャラを
『夕凪学欄』という大層な新聞にし、
各月で皆さまに届けていた。
当時封書が幾らかは忘れたが相当な額になるだろう。
なんせ700部は送っていたのだから。
SNSも無い時代。
ヤクザと水商売の女が重量感のある自宅の黒電話を持つ勢いで、
電波も悪い中、大声で喋る摩訶不思議な物体、それが携帯電話であった。
一番重要なのはライブスケジュールだが、
それだけだと我々の心情が見え透いて、
いやらしいので各メンバーでコラムや四コマ漫画(山崎保:担当)を載せ、
夕凪の全アルバムデザインを手掛ける楠本氏の元へ。
そして出来上がった原稿を銭コピーする。
ミーティングと称し全員で畳んで封書に投入。最初は手書きだったが、
宛名のシールが導入された時は感激したものだ。
ちまちま貼付け、別納郵便のハンコを押し、
大阪中央郵便局に持って行く、迄、全員で頑張ったものだ。
初期の夕凪は何かにつけて体育会系であった。
全ては現在ファンダンゴのBARに君臨、
泣く子も癇癪を起こす初代ドラマー豊嶋大王の所為である。
今考えれば相当な金を紙切れに費やし、
実際動員には繋がるが700人がいっぺんにライブに足を運ぶ訳では無い。
それでも必死で頑張る夕凪一同。
ホームページやら、家にパソコンやらが無い時期に3年は続けた筈。
あああ勿体ない。
当時のお客さまは学生も多かった。
今では結婚し住所も変わり、仕事や子供やらで、
ライブに足を運ぶ日常は無くなった様子。
昔と同じくライブに行き続ける人の方が稀かもしれん。
それはムジカジャポニカの10年でも感じることである。
しかし、たまあに、そないなお客様が不意に現れることがある。
SNSやネット検索の御陰でもあるが、
長きに渡り『夕凪』という名前で活動している賜物でもある。
有難いことだ。
「昔好きじゃなかったが最近好きになった」と
余計な事まで云うてくれる人も現れる。
昔は糞のようなライブもした。
それが払拭されたライブを偶然観てくれる、と云う仕組みである。
やはり長きに続けるにあたり自動的に我がを知る、
という戒めに毎年精進した23年目結論。
変わらんでどうする。
それを知り続けることでバンド本来の意味を知る今日。

全て皆さんに観て欲しいことで発信す。
いつも時代も直接観て、感じていただきたいのは同じことなのだ。

*******************************

3月12日(日)@大阪・ムジカジャポニカ
出演:夕凪/金佑龍(キムウリョン)
18:00open 19:00start
前売¥2,500 当日¥3,000(D別)

3月13日(月)@名古屋今池・得三
出演:夕凪/金佑龍(キムウリョン)/DJ:DJサブカルエロオヤジ
18:00open 19:00start
前売¥2,800 当日¥3,300(D別)

5/17(水)@東京・下北沢440
「皐月、宴の夜会 440(four forty)15th Anniversary」
出演:夕凪/山田晃士&流浪の朝謡
18:30open 19:30start
前売/当日 ¥3000/¥3500 2order¥1200別

いつの時代やねん。1996年頃の夕凪




スポンサーサイト
コンテントヘッダー

『2016年。既に師走に向かうの巻き』

yuunagi161215light.jpg


すっかりBlogを御無沙汰していた。
ちぃと休んでおるな、くらいの認識のみ。
今年の早さは格別やで。すっかり初冬。
その間、日々のムジカジャポニカ10周年イベントがムジカジャポニカで行われ、
怒濤の周年月間から後の祭り期間。馬鹿の祭りはいつまでも続く。
そうこうしとる内に恐怖の『服部緑地RAINBOWHILL2016』準備が始まる。
今年はムジカジャポニカ10周年の番外編を加えた金輪際スペシャル。
もう二度とやらん始まりの2日間開催であった。
近年異常気象の台風に悩まされ、ストレスはMAX。
その間も何とかガス抜きをしようとソロ稼業に勤しむが逆に追われる結果。
精神と肉体を酷使する恐ろしさを、この歳で経験する。ああ初老。
若き頃は乗っかっていれば良いのだ。お膳立てしてくれる優しさ満載。
あら不思議。加齢と共にお膳立て皆無。自ら動く羽目になる。
お膳立てして戴けるのは限られた人種だけだ。
無ければ自ら尻を叩きて自らを盛り上げる。よくよく考えれば滑稽な話である。
長年培われた人脈と根性で繋げた一世一代の祭り事。
今ではすっかり走馬灯。レインボーロス。
無事に天候にも恵まれた奇跡の2日間終了。感謝。
終了後に頭を切り替えソロ強行2日間を経て、今だに口をあんぐり開けたまんま。
日々は容赦なくムジカジャポニカの年末年始。及び来年の春の話。
既に『服部緑地RAINBOWHILL2017』の日程も決定。
このまんま、うおおお云うとる間に「ゆく年くる年」からの「さだまさしんぐ」に
なりそうで怖い、あああああ、怖い。

先々を計るライブのブッキング、という仕事をしてから、日々が早い。
遠過ぎる日々が現実になる迄の早さは格別である。ああ無情。
そして去年の10月に自動的決定した大阪はファンダンゴ、
29周年の夕凪主催『遥か鳴る唄の祭り2016』が目前。
夕凪の関西はこれで今年ライブ納めとなる。

有難いことにソロは去年に引き続き、うつみようこ姐とのツアー。
鳥取から島根、隠岐島と、暴飲暴食のソロツアーとなる。

あとは東京は440で夕凪の2016ライブ納め。
結果、祭りの傍らには、うつみようこの影有り。
ようさん遊んで貰う結果となった。贅沢なことである。

思えばムジカジャポニカも『服部緑地RAINBOWHILL』も
我がが唄う手段のひとつから始まった。
全ては手を離れ、皆さんの場所へ。
結果それが幸せなのである。
方々で唄う場所が与えられる我々も幸せだ。

*********************************
『遥か鳴る唄の祭り2016~玉響楽団と夕凪』
10月30日(日) @大阪・十三FANDANGO
共演 玉響楽団: Dr.kyon(key.g.vo), 玉城宏志(g.vo),うつみようこ(vo),
小関純匡(dr),笠原直樹(b)

18時開場19時開演
3000円/3500円(D別)

*********************************
『ようことせい子が行く妖怪ツアー2016』
うつみようこ×伊藤せい子(夕凪)

11月24日(木)@LiveHouse ONE MAKE
【住所】鳥取県米子市角盤町2-64-2 幾多ビル2F
【TEL】0859-33-4844
【ウェブサイト】http://ameblo.jp/livehouse-onemake

11月25日(金)@国登録有形文化財 美保館
【住所】島根県松江市美保関町美保関570
【TEL】0852-73-0111
【ウェブサイト】http://www.mihokan.co.jp/home.html

11/26日(土)@なかむら旅館
【住所】島根県隠岐郡海士町大字海士1456-5
【TEL】08514-2-1717

*********************************
『師も走る そんな最中に 夕玉凪団 (字余り)』
12月15日(木)@東京・下北沢440
共演 玉響楽団: Dr.kyon(key.g.vo), 玉城宏志(g.vo),うつみようこ(vo),
小関純匡(dr),笠原直樹(b)

19時開場19時半開演
3500円/4000円(D別)



コンテントヘッダー

『牛の季節とムジカジャポニカ10周年の巻き』

rainbow_desktop.jpg

遂に今年もやってきた『服部緑地RAINBOWHILL2016』
今年はムジカジャポニカ10周年。
うっかり本イベント前日に番外編として
『服部緑地RAINBOWHILL〜ムジカジャポニカ10周年フェス』を
導入する事になった。勿論決めたのは我であるが、
年末から準備に入り丁度全て整うのが6月になる。

そう丁度ムジカジャポニカでの10周年月間7月に突入する時に
やれサイト更新だわ、やれフライヤーだわ、
沢山の出演者への写真やプロフィールの無心をはじめ、
確認作業に追われつ、ムジカジャポニカは祭り中。

カレーを片手に、Macの前に鎮座し、
勿論、ムジカジャポニカの先々のブッキングや、
サイトアップを重ねつ、今回は夕凪のムジカ10周年ライブに、
『服部緑地RAINBOWHILL』情報解禁日となってしまった。
それは夕凪の所為ではない。
大阪で復活後初めてのライブを行うデキシード・ザ・エモンズの所為である。

昼間にサイトのデザイナーとやり取りしながら、
久しぶりの逢瀬である夕凪の練習。
前日泣きながら作った簡易フライヤーを、
ムジカジャポニカの近所である梅田クワトロに届け、
デキシーのリハを盗み見しながらダッシュ練習。

そんな時に新曲2曲がアップする。素晴らしいぞ夕凪。

人様のことをするなら我がの事をしなければ身が持たない。
人様の為だけに走り回れる寛容さは無に等しい。

この糞忙しい時期に夕凪、だが、
その御陰で救われておる。

うまいこといっとるな。

さあ一世一代の大仕事。
金輪際スペシャルの二日間。
二度とやるもんか。来やがれ。

9/24(土)『服部緑地RAINBOWHILL番外編〜ムジカジャポニカ10周年フェス』
9/25(日)『服部緑地RAINBOWHILL2016』
時間は両方共AM11:00開場・開演
料金:前4000円/当4500円(整理番号付き)
両日券7500円
前売先行発売 7/20(水)〜レインボーヒル公式サイト/ムジカジャポニカ(店頭販売のみ19時より)
全国発売 7/25(日)チケットぴあ
RAINBOWHILL公式サイト

9/24(土)『服部緑地RAINBOWHILL番外編〜ムジカジャポニカ10周年フェス』
出演者(順不同)デキシード・ザ・エモンズ/あふりらんぽ/沢田ナオヤ/
アニメーションズ/ANATAKIKOU/金佑龍/ははの気まぐれ/
杉瀬陽子/ジョンソンtsu/前川サチコとグッドルッキングガイ/うつみようこ

9/25(日)『服部緑地RAINBOWHILL2016』
出演者(順不同)ハンバートハンバート/ラリーパパ&カーネギーママ/
曽我部恵一/夕凪/ふちがみとふなと/みうらじゅん&安齋肇の勝手に観光協会/
ゴトウイズミ/ハッチハッチェルオーケストラ/みにまむす/ベベチオ


コンテントヘッダー

『メンヘラエンジェルス登場。春の祭典2016』

a0266240_221022.jpg

春は糞忙しい。
口をアングリーナと開けとる間に『祝・春一番2106」も終了。
伴う同時進行の新曲やらソロライブやら、
お仕事満載の春に今年は引っ越し騒動。
頭の角度を変える為に軽く考えてた引っ越しだが、
今恐ろしい程の荷物に魘されている。
よくよく考えれば家出したのが17歳。実家より永く住み込んだ部屋は、
んまあ良くも悪くも想い出盛り沢山のブツがある。
いちいち取って置けるスペースが曲者であり、
日々の忙しさに、何でもぶち込む癖が悪い。
そのツケを払いまくっておる4ヶ月。
引っ越しを思い立ってから軽トラ二台分のゴミは出た。
所詮ゴミ。
覚えとるもんは覚えとるから、もう要らんのん、と気付くまでの4ヶ月。
あと一週間に迫る引っ越しに、引っ越し日前日のソロライブ。馬鹿太郎。
物事をフィーリングで考えて辻褄を合わす人生。
結果何とかする為に、どこかで奮闘せねばならん。
今は糞地獄の真っ最中であるからして。一瞬逃避。

私の逃避は文字にある。
「詩」を書くのが困難と云い腐りて、戯言を書くのは精神解放。
只の散文書きなのであろう。そういえば子供の頃も煮詰まったら新聞や、
広辞苑を端から端まで読み倒す、という『活字中毒者』であった。

後は煙草に呑み食いに。今は独りギターを持ちて唄うという技も取り入れ、
至って平和主義であり、夕凪には生産的な解消法である。

さて世の中では、そんな解消では自分を活かしきれん輩が居るという。
それが『メンヘラ』『ヤンデレ』というお嬢さん方である。
これは御近所の巨乳BARのお嬢さんから教えて戴いた。
付合う年齢層であろう。彼女は新しい言葉に敏感であり、
おばはんは色んな言葉を教えて貰う。

只おばはんも一応若手さんには付合うており、
誰でも知ってますうーん、と
云う言葉には解らなくてもついて行く、と云う、
豪快な知ったかぶり愛想を発揮し、実は理解する迄時間がかかる。
正しい日本語ではない造語は調べん。
必ず野暮な正直者が『それってどういう意味ですか〜』と
彼女に問うからだ。おばはんは逃さず意味を理解する。

ここからは引用..................................................................................................
メンヘラーとはメンタルヘルスを略したメンヘルに、
英語で「~する人」といった意味にする接尾辞“-er”をつけたものである。
ただし、この語句に関しては、
メンヘラと語尾を延ばさずに用いるのが一般的となっている。
ちなみにメンタルヘルスとは「心の健康」という意味
(心の健康管理ならメンタルヘルス・マネジメント)だが、
メンヘルと略した場合、主にうつ病や精神病、
神経症、心身症といった心の病をさす。
つまり、メンヘラとはそういった心の病を患っている人を意味する。

1、過去のトラウマを話したがる
2、いつも何かに悩んでいる
3、「今吐いちゃったという」(不健康自慢)
4、自慢話が多い
5、自分の意見を言わない
6、不平、不満をぶつけるだけ
7、気持ちの浮き沈みが激しい etc................................................................................

思春期には有りがちではないか、と思う項目ではあるが、
とかく音楽や芸術関係には多いのかもしれん。
おばはんは彼女達を沢山知っている。

面倒臭い彼女達は、何が欲しいのか、人様と違う特別感を求める。
それが残念ながら「メンヘラ」症状なのである。
欲しがるわ、虚言証だわ、すぐ死にたい云うわで。
えらい目ぇに遭うてしもた。

残念ながら見目形が優れているお嬢さん方が多く、
何故に勿体ない、と、おばはんは思うのであった。

タチの悪いのは所謂リストカッターなお方。

あああ何もせんのに何かのせいにしくさりやがってな。
寝る間を惜しみ、よう頭使うて、よう働き、
よう呑んどる小市民を何故羨ましがるのか。

さて何故にそないな話になったかと云うと。
最近皆さんが気付いて、敢えて云わなかったらしい事柄があるらしい。

私の左手首には無数の切り傷。
段違いに、真横に伸びる生々しい線はまさにリストカッター
『へえこさん、気丈にしてはんのに、ああああ....』
なんつて思うてた方がいらっしゃるそうな。

ちゃうねん。厨房あるあるですねん。
犯人は中華鍋。
左手で鍋を振り、右手で塩やかんやを掴み、
おっと滑るん。
じゅっ、と軽く音がする。瞬時の火傷である。
厨房人間、火傷をしても鍋は降り続ける習性にて、
一瞬の痛みは軽く忘れる。
気が付けば手首に立派な線がつく。

そんな傷が消えた頃、また新たに火傷。
これは仕方ない厨房人間の定であるからして。

だから、ちゃうねん。
訂正しようと大幅に話逸れてみた。

春。逃避癖。

************************************************************************

メンヘラ、ヘルス、ヘルスエンジェルス......
あああああああああ。
平和。
コンテントヘッダー

『女の可愛さを讃えよ。2016の巻き』

DSC_0312.jpg

子供の頃から愛想のある子供であった。
三つ年上の姉が失態を繰り返し親に折檻を受けるのを
要領よく覚えて『これをやれば叱られる』ことを覚える。
と云えど時は昭和。
人様が干す梅干しを盗んでは近所のおばはんに殴られる。
陽気な幼児虐待が並びの家で容赦なく行われていた時代。

96歳の大往生で去った婆さんは現実的な人で『あんたは可愛いないけど、
愛想と要領だけは良いから、それで一生やれる筈』とよう云うたものだった。

自分が一般的に『可愛い』ではない事に気付いたのは幼稚園の頃である。
「白雪姫」を園児達でやる事になったのだが、皆が白雪姫をやりたがるので、
先生が独断で決めたのである。今なら問題になりかねん。
配役は子沢山の時期であり、ふたりずつであったが、
極端に可愛い顔立ちのふたりが選ばれた。
自分は14人の小人の役柄であった。
『美』というものが生まれ兼ね備えられた役得である事に気付いた一件である。
後に白雪姫たちは可愛さ故に自動的超ヤンキーに成長するのだが。
80年代の悲哀である。

要領と個性さえあれば乗り切れる。婆さんの言いつけ通り、
面白い事に飛びつきて個性を伸ばせる場所に行き着きた。
多々デカくても、目鼻がバランス以下で小さくとも、
個性で乗り切って来た人生。
雰囲気作りは何より大切。
人よりちょいと唄が唄えるのも役得であった。

そんな私を『可愛い』と逢う度に連呼してくれる男が居る。
30年を越える音楽活動、すっかりベテランの域に達した、
割礼の宍戸幸司、その人である。

宍戸幸司、といえば、かつて80年代のバンド女子を賑わせた、
楠本まきの漫画『KISSxxxx』のモデルになった程、
端正で美しい顔立ちである。別名サイケ王子。

30年経過したが相変わらずの痩せ太郎。
当然老けるもののステージ上は依然美しいままである。恐ろしい。
付合うて15年以上の月日が経つが、
何かのツボにはまったのか、『可愛い』と云い続けてくれる。
この年頃になると好意を超え、既に有難い域に達した。

人は持ち合わせないものに憧れを抱くのか。
美しく大きな目鼻立ちを生まれ持つと、
じょぼくれたパーツが珍しいのかもしれん。

そういえば昔から目鼻立ちがしっかりした人間に
好かれる事が多かったかもしれん。
人間とは、んまあ不思議なものである。

嘘でも煽てでもなんにせよ。
『可愛い』という言葉は女にとって「女でいさせる」
最大限の褒め言葉かもしれん。と最近思うのである。

たった一言で御機嫌よう働く安い生き物やないか。
騙されんわよ、という年頃は過ぎ去った。
只管有難い御年頃なのである。

殿方よ。
女性を讃えよ。


















プロフィール

seponyuunagi

Author:seponyuunagi
夕凪というバンドにて
曲を作ったり唄をうたったり、
踊ったり叩いたり、
ぶーたれたり
きゃっきゃ担当の御年頃。
御機嫌さんは
旨い御飯と酒がある処。
夕凪web>>

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR